The Players' Tribune

Basketball

すべてのストーリー

僕が対戦したタフな選手ベスト5

みんな、聞いてくれ。いまマイアミは午後7時。夕食をとりたいと思っている。ところが『ザ・プレーヤーズ・トリビューン』の編集者が、休日の夜だというのに僕に仕事をさせようとしている。ひどいと思わないかい? 締め切りが迫っているとなると、彼に妥協はないんだ。まあ、いまから始めよう。これまでに対戦した最もタフな5選手について書く

ジミー・バトラー

NBA1年目にわかった14のこと

(1) 少しくらい、ビビったっていい。言いたいこと、わかるだろ? ルーキーは、ついクールなふりして、まわりのことが全部当たり前であるかのように行動してしまいがちだ。でもわかったなかでひとつ大事なことは、少しだけならいいっていうこと。少しだけ、いまここにいられることを喜んだっていい。たとえば、ドラフトで指名されたとき『マ

タイラー・ヒーロー